究極のデュアルホワイトニング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

先生審美歯科で行うオフィスホワイトニングとホームホワイトニングには、それぞれにメリットとデメリットがあります。どちらを選ぶかは自由ですが、より白さを追求したい人には、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングがおすすめです。2つのホワイトニングを併用することで、白さの実感が早く効果が持続するという大きなメリットが生まれます。

ホワイトニングをしても人によっては思ったより白さを実感できないことがあります。元々の歯の色が黄色みが強い人は、白くなっても思い描く色にならない場合があるので、こういう時もデュアルホワイトニングが有効とされています。オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用することにより、それぞれのデメリットをカバーできるのが一番のポイントです。

2つの方法を併用するので費用は少し高めですが、歯を理想の白さにするという意味ではデュアルホワイトニングは究極のホワイトニングと言ってもいいくらいです。もしもオフィスホワイトニングやホームホワイトニングで、思ったような白さを実感できない場合はデュアルホワイトニングを検討してみてはいかがでしょうか?デュアルホワイトニングなら効果の持続も長くなりますが、定期的なメンテナンスは必要です。

オフィスとホームの違い

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

審美歯科で行う、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの違いを簡単に説明します。

スケジュールオフィスホワイトニングは院内で施術を行うので、通院が必要となります。虫歯の治療と違い、施術時間が1回あたり1時間前後となるのでちょっと時間がかかります。院内で行うため、高濃度の薬剤を使用できるため、白さを実感しやすいのがメリットです。回数は人による違いはあるものの、1回~5回以内となっています。白さの実感は早いですが、効果はあまり長続きしません。費用は少し高めです。審美歯科の場合完全予約制となるところが多いので、忙しい人はスケジュールが取りにくいかもしれません。

ホームホワイトニングは初回のみ通院しますが、その後は自宅でケアをします。自分用のマウスピースに薬剤を入れて歯に装着します。ホームホワイトニングの場合光を使わないこと、薬剤の濃度が薄いこともあって白さの実感までには少し時間がかかります。自分のタイミングでできるので、忙しくて通院できない人も安心です。白さの実感までには時間がかかりますが、毎日続けることもできるので、効果の持続はオフィスホワイトニングよりも長くなっています。オフィスホワイトニングより安価でできるのがメリットです。

審美歯科で行うホワイトニング

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性審美歯科で行うホワイトニングには、大きく分けて2つの方法があります。一つはオフィスホワイトニング、もう一つはホームホワイトニングです。オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、手順は違いますが歯を白くすることができます。健康な歯は象牙色をしているので、虫歯ではないとしても真っ白にはなりません。また人によって本来の歯の白さは違うので、ホワイトニングをする場合も元々の歯の色と、希望する白さによって種類や回数が変わります。

ホワイトニングが完了すると、歯磨きではかなわない真っ白い歯になります。ホワイトニングに使用する薬剤は、原則として審美歯科など歯科医院でしか扱えません。医師が管理して行うので、多少費用は高くてもその分安心感があるのです。東京でも大阪のホワイトニングでも基本的に費用はあまり変わりませんが、歯科医院を決める前にはホームページなどでしっかり費用を確認しておくようにしましょう。

歯が黄色くなったりくすんだりする原因はいくつかあります。色素を多く含む飲み物や食べ物を好んで食べる人は、歯の表面にステインが付着しやすくなります。ステインは歯の色をくすんでみせてしまうので、本来の歯の色よりも黄ばんだように見えてしまうのです。審美歯科で行っているホワイトニングは、ステインはもちろんのこと歯ブラシでは落とせない色素や加齢による黄ばみなども落とせます

審美歯科でホワイトニングをした場合、色素の多い飲み物や食べ物は取らないようにする必要があります。ホワイトニングはある程度効果が持続しますが、色素が多いものを摂取すると後戻りしやすくなるから注意が必要です。