審美歯科で行うホワイトニング


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

女性審美歯科で行うホワイトニングには、大きく分けて2つの方法があります。一つはオフィスホワイトニング、もう一つはホームホワイトニングです。オフィスホワイトニングもホームホワイトニングも、手順は違いますが歯を白くすることができます。健康な歯は象牙色をしているので、虫歯ではないとしても真っ白にはなりません。また人によって本来の歯の白さは違うので、ホワイトニングをする場合も元々の歯の色と、希望する白さによって種類や回数が変わります。

ホワイトニングが完了すると、歯磨きではかなわない真っ白い歯になります。ホワイトニングに使用する薬剤は、原則として審美歯科など歯科医院でしか扱えません。医師が管理して行うので、多少費用は高くてもその分安心感があるのです。東京でも大阪のホワイトニングでも基本的に費用はあまり変わりませんが、歯科医院を決める前にはホームページなどでしっかり費用を確認しておくようにしましょう。

歯が黄色くなったりくすんだりする原因はいくつかあります。色素を多く含む飲み物や食べ物を好んで食べる人は、歯の表面にステインが付着しやすくなります。ステインは歯の色をくすんでみせてしまうので、本来の歯の色よりも黄ばんだように見えてしまうのです。審美歯科で行っているホワイトニングは、ステインはもちろんのこと歯ブラシでは落とせない色素や加齢による黄ばみなども落とせます

審美歯科でホワイトニングをした場合、色素の多い飲み物や食べ物は取らないようにする必要があります。ホワイトニングはある程度効果が持続しますが、色素が多いものを摂取すると後戻りしやすくなるから注意が必要です。